【NEDO】2022年度「燃料電池等利用の飛躍的拡大に向けた共通課題解決型産学官連携研究開発事業」に係る公募開始(~5/18)

2022年4月8日
【NEDO】2022年度「燃料電池等利用の飛躍的拡大に向けた共通課題解決型産学官連携研究開発事業」に係る公募開始(~5/18)

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く募集いたします。

募集事業について

1.事業内容

(1)概要

本事業は、エネルギー基本計画や水素・燃料電池戦略ロードマップ等で定めるシナリオに基づき2030年以降の自立的普及拡大に資する高効率、高耐久、低コストの燃料電池システム(水素貯蔵タンク等を含む)を実現するためのユーザーニーズに基づく協調領域の基盤技術を開発するとともに、従来以外の用途に展開するための技術並びに大量生産を可能とする生産プロセス又は検査技術、システム化技術等を開発します。

本年度は特に、大型トラックなどのHeavy Duty Vehicle(HDV)に燃料電池を適用するにあたって求められる運転条件(広範な温湿度下)・耐久性・発電性能等の実現に資する要素技術開発や、産業界の共通課題である低コスト化・生産性向上につながるシール材料の技術開発およびその評価手法の検討、燃料電池の逆反応である水電解システムの低コスト化に向けた生産技術やシステム化技術開発等も含めた燃料電池の多用途活用実現技術開発(助成事業)等を拡充します。

I  共通課題解決型基盤技術開発

2030年以降のFCVや業務・産業用燃料電池への実装を目指して、固体高分子形燃料電池や固体酸化物形燃料電池等に関する要素技術を開発します。

II  水素利用等高度化先端技術開発

2030年以降の更なる燃料電池システムの低コスト、高性能、高耐久に資する水素貯蔵関連技術や水電解技術等の水素関連技術の高度化に資する技術を開発します。また、Iの性能やコスト目標を凌駕する燃料電池の実現に資する革新的な要素技術を開発します。

III 燃料電池の多用途活用実現技術開発

2030年までの燃料電池システムの多用途展開を目指して、エネルギーマネジメント要素も含めた技術開発・実証等を行います。また、燃料電池システムおよび水電解システムのコスト低減を実現するために革新的な生産技術や検査技術、システム化技術等を開発します。

(2)事業期間(予定)

2022年度~2024年度

2.説明会

下記のとおり説明会を開催し、当該事業に係る内容、契約に係る手続き、提案書類等を説明しますので、応募を予定される方は可能な限り出席してください。なお、説明会は日本語で行います。出席を希望される方は、所属先名、部署名、出席者氏名、出席者のメールアドレスを2022年4月11日(月)までに下記URLからご登録ください。日時:2022年4月13日(水)14時00分~16時00分方式:オンライン開催(cisco Webexを使用予定)登録URL:別ウィンドウが開きますWeb入力フォーム

資料

募集要項

技術・事業分野燃料電池・水素プロジェクトコードP20003
事業名燃料電池等利用の飛躍的拡大に向けた共通課題解決型産学官連携研究開発事業
事業分類研究(委託、共同研究、助成)、調査等
対象者企業(団体等を含む)、大学等
公募期間2022年04月06日~2022年05月18日
問い合わせ先スマートコミュニティ・エネルギーシステム部 燃料電池・水素室
担当者:栗田、川原、後藤
E-MAIL:fuelcell#ml.nedo.go.jp(#を@に変えてください)

お申込みや詳細は、次のURLをご参照ください。

2022年度「燃料電池等利用の飛躍的拡大に向けた共通課題解決型産学官連携研究開発事業」に係る公募について | 公募 | NEDO

掲載内容は、掲載日時点のもので、掲載内容に注意を払って確認をしていますが、変更や転載誤り等の可能性がありますので必ず公式サイトをご確認ください。


トップに戻る