「サプライチェーンの迅速・柔軟な組換えに資する衛星を活用した状況把握システムの開発・実証」に係る公募について

2021年9月3日
「サプライチェーンの迅速・柔軟な組換えに資する衛星を活用した状況把握システムの開発・実証」に係る公募について

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、下記事業の実施者を一般に広く公募いたしますので、本件について受託を希望する方は、下記に基づき御応募ください。

■概要

 衛星データを活用してサプライチェーンの状況を把握するシステムやアプリケーション等の開発を実施するための環境整備や、具体的なシステムやアプリケーション等の有用性や信頼性を評価する評価手法の開発を行います。また、解析精度を含め、完成度の高いシステムやアプリケーションを開発した者に懸賞金を付与することで、それらの普及を図り、各種産業におけるサプライチェーン動向把握の一助とすることを目指します。

【対象となる研究開発事項】

  1. 衛星データを活用したサプライチェーンの状況を把握するシステム・アプリケーション等の開発を行うために必要となる開発環境整備
  2. 開発されるシステム・アプリケーション等の有用性や信頼性評価手法の開発
  3. 懸賞金事業のテーマ設定案の策定及び審査基準の素案作成、懸賞金事業の運営

■事業期間

 NEDOが指定する日から2022年12月まで

■受付期間

 2021年8月31日(火)~2021年10月4日(月)正午

詳細は、次のURLから、ご確認ください。

https://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100320.html

掲載内容は、掲載日時点のもので、掲載内容に注意を払って確認をしていますが、変更や転載誤り等の可能性がありますので必ず公式サイトをご確認ください。


トップに戻る