令和3年度公募型「ロボット実証実験支援事業」後期募集開始!

2021年9月4日
令和3年度公募型「ロボット実証実験支援事業」後期募集開始!

神奈川県では、「さがみロボット産業特区」の取組の一つとして、生活支援ロボットの実証実験の企画を全国から募集し、採択した企画の実施を支援する「公募型『ロボット実証実験支援事業』」を実施します。

生活支援ロボットの開発を進めているメーカーや研究者の皆様は、ぜひこの機会にご申請ください。

■概要

 「さがみロボット産業特区協議会」が、生活支援ロボットの実証実験に係る企画を募集し、その審査、採択を行います。企画が採択された申請者(以下、「被採択者」という。)は、「さがみロボット産業特区協議会」とともに、実証実験を実施します。

■募集の内容

 「さがみロボット産業特区」で実施する生活支援ロボットの実証実験企画

■対象のロボット

 介護・医療、高齢者等への生活支援、災害対応、農林水産(鳥獣対策含む)、インフラ・建設、交通・流通、観光、犯罪・テロ対策等に活用される生活支援ロボット若しくは、それを構成する技術(試作の初期段階での申請も可能)

■支援内容

実施場所やモニターの調整

 実施場所例:プレ実証フィールド(元県立新磯高等学校の校舎・体育館・グラウンド・仮設プール等)、特区内の道路、商業施設 など

安全対策

 適切な賠償責任保険の指定・加入手続の補助 など

経費

 1件につき原則として最大50万円(税込)。

PR活動

 実証実験実施の際、県が記者発表を行う など

(地独)神奈川県立産業技術総合研究所等による支援

 技術改良等の必要がある場合には、同所のアドバイスや優れた技術を持つ地元企業の紹介も行います。また、同所ではロボット実証実験の倫理審査会を設置し、審査を行っていますので活用することもできます(倫理審査料は支援経費の対象)。

■募集期間

 令和3年9月1日(水曜日)~令和3年9月30日(木曜日)必着

■申請方法や詳細について

 次のURLから、ご確認ください。

 https://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/cnt/f430080/p799054.html

掲載内容は、掲載日時点のもので、掲載内容に注意を払って確認をしていますが、変更や転載誤り等の可能性がありますので必ず公式サイトをご確認ください。


トップに戻る